目薬を毎日差すことで少しだけ未来が明るくなります。というお話

どうも、あじくんです

 

本題とは全然関係ありませんが、最近食欲が止まらないのでyoutubeで大食いを中心とした食事の動画ばっかり見てます。

youtube上には人気のあるyoutuberの方がたくさんおられるんですが、特によく見るのが筋トレ動画を中心に活躍されてる

www.youtube.com

ぷろたんというyoutuberの方なんですが、この方見た目はイケメンなのですが数年にわたるダイエットと筋トレの成果でムキムキの体をされてます。

イケメンでムキムキという無敵状態のぷろたんさんですが、外食での大食い動画よりも家での料理&食事動画はかなり面白いのでおススメです。

料理自体は上手くないのですが、例えて言うと「黄金伝説の浜口優さん」のような料理を作り、どんな失敗作のような料理であってもホントに美味しそうに食べるのです。

なんでも美味しそうに食べる姿って女性にはたまらないんじゃないでしょうか?

やっぱり食事は美味しく楽しく頂きたいものですもんね。

 

そして常に賛否両論分かれる異質の大食いyoutuber

www.youtube.com

少々個性的なしゃべりと風貌の与論島出身の喜島春樹さんの動画です。

体型が物語るようにこってり物がお好きなようで、食事の最後の方にマヨネーズをご飯にぶっかけて食べたりと健康的な食事とは言えませんが、こってり物好きとしては美味しそうに食べる姿は見ていて飽きませんw

木島さんが食べるある某お弁当屋さんのホーナー弁当というタレで焼いた豚肉のお弁当があるのですが、木島さんがこのお弁当をあまりに美味しそうに食べるのでわざわざ遠方からホーナー弁当を求めて買いに行く人が絶えないそうです

s.webry.info

食べ方や風貌で損してる部分はあるかと思いますが、年々ファンが増えて言ってるのは木島さんのいい人柄が動画から溢れてるからではないかな。ホーナー弁当一度は食べてみたい。

 

こういった動画を見てるだけで自分が食べていないのに、疑似体験的に少しだけ食べた気分になれます。

もちろん見てるだけなら太りません(笑)

 

Sponsored Link

 

 

かなり話がずれました・・・本題に戻ります。

目薬で未来が明るくなる?

表題で「目薬を毎日差すことで少しだけ未来が明るくなります。」

と書きましたが、お察しの通り僕は目薬が大好きです。

 

かなり前に仕事で医薬品開発の方とお会いしたことがあるのですが、その方とお会いしてからになるんで目薬愛用歴はもう15年以上になります。

その方を仮にアジ男さんとします。

アジ男さんとお話してる中で、子供の話→釣りの話→海の話→目薬の話になり僕が目薬をふだんあまり使わない事を告げると、

 

「あじくん、ダメですよ目薬は一日3回は差さなきゃ」

 

と言われました。

 

f:id:rockfishing:20170126225209p:plain

僕は目薬は目が疲れたときか、目にゴミが入った時に使うものだという認識があったのでアジ男さんに

 

「えっ?目薬は目が疲れた時なんかに差すものじゃないんですか?」

 

と聞き返すと、アジ男さんはニヤッとして

 

「あじくん、歯は毎食後に磨くでしょ?目もね食後じゃなくてもいいから一日3回は目を洗う、目を潤して乾燥などから守る、という意味でも差した方がいいですよ。」

 

というのです。

目薬を毎日使うという事

アジ男さんの説明によると、毎日差してほしい目薬はどんな目薬でもいいというわけじゃなくて、いわゆる人工涙液型点眼剤というもので市販されてる一般的な目薬に入ってる防腐剤や、血管収縮剤、ホウ酸、メントールなどが含まれておらず、目に優しい人工涙液になります。

 

僕は目薬と言えば、当時織田裕二がCMで「キターーッ!」という名文句で宣伝していたスッキリをするタイプの目薬をたまに使っていたんですが、アジ男さんの話を聞いてからは織田裕二の目薬はスッパリやめて人工涙液型点眼剤に切り替えました。

  

種類はいろいろ出てますが、僕が日常的に使ってるのは

 

f:id:rockfishing:20170124230614j:plain

人工涙液型点眼剤の【第3類医薬品】ソフトサンティア 5mL×4になります。

 

パッケージにも記載してありますが防腐剤の類が一切入ってないという事もあって、開栓後は10日以内に使い切らないといけませんが、毎日何回も目薬を差してると大体一週間持つか持たないかで無くなっちゃいますので、量的にはちょうどいいです。

 

f:id:rockfishing:20170125230648j:plain

容器自体は密封されていて、使い初めにキャップを強く締め点眼口を開ける仕組みになってますので、一本ごとに新鮮な状態で使えるようになってます。

 

使用感としては一般的に市販されてる目薬の様な、スーッとした爽快感があるわけでは無いのですが疲れた目がじんわりと和んでいくような感覚を受けます(あくまで僕の使用感です)

 

実際長期間にわたって使い続けていますが、目の疲れや肩こりなどといった症状とは無縁で視力も今のところ測定のたびに変わりますが、両目とも1.5か2.0でいけてます。

 

これらが目薬のおかげかどうかは分かりませんが、いい目薬を教えてもらったとアジ男さんにはずっと感謝してます。

今でこそamazonや楽天や爽快ドラッグの様なネット通販で簡単に買うことが出来ますが、10年以上前は小さな薬局なんかでは売ってない場合も多く見つけたら買い溜めしておくのが常となっておりました。

 【第3類医薬品】ソフトサンティア 5mL×4の場合、ひと箱に5mlの小さな目薬が4つ入ってます。

僕の場合1つを一週間とういう目安で使ってますので、ひと箱で約一か月分になりますね。

以前不眠症で寝不足になってた頃は一週間に2本のペースで使ってましたが

f:id:rockfishing:20170124230628j:plain

 通常の僕の使い方だと一ヵ月でひと箱という感じですね。

これでひと箱500円くらいですから、市販の目薬を買うより安いくらいの価格で安心して目のケアが出来ますので目を酷使する仕事の方なんかには特におススメします。

目が疲れてくると仕事の効率も落ちてしまいますし、目の疲れからくる肩こりってなかなか厄介ですからね。

 目薬で老眼予防が出来る?

40代になると老眼になる方が出てくるのですが、特に視力のいい人は老眼になるのが早いというのをよく聞くので、少々不安も持ってます。

老眼は老化からくる視力障害で正式名称は「老視」と呼ばれるものです。

加齢により水晶体の弾性が失われて調節力が弱まり、近くのものに焦点を合わせることが遅くなったり、できなくなってくる。
40代から60代初めに自覚されることが多いが、実際には20歳前後から調節力の減少は始まっており、日常生活で字を読む時の距離である30cm前後が見えにくくなるのが、この辺の年齢であるといえる。    

引用:老視 - Wikipedia

 今のところ老眼ではないのですが、何か近くの物を見るたびにメガネをはめる煩わしさを考えると、まだまだ老眼にはなりたくないものです。

しかしこればかりは、なるようになるしかないかと思ってます。

まとめ

今のところ誰よりもいい眼を維持出来ているのは、

【第3類医薬品】ソフトサンティア 5mL×4

と自然に囲まれた田舎に住んでいるおかげだと思ってます。

目をよく使うエンジニアの方や、疲れが目に出やすい方なんかにはほんとにおススメです。

目に直接点けるものだからこそ、間違いないものを使っていただきたいと思ってます。

一ヵ月に500円くらいのものですから、早いうちから目のケアをしておくに越したことはないですよね。

 

 

大好きな目薬(人工涙液型点眼剤)とよく見る大食い動画の話でした。

みなさんも目は大事にしてくださいね。

 

 

Sponsored Link